カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

「息吹が響きになる時」〜フルート四重奏曲集

1-4. クーラウ/フルート四重奏曲 ホ短調 Op.103
5-6. ボザ/2つのスケッチ
7. ジラード/川の春
8. トロヤーン/墓碑銘
9. モーツァルト/自動オルガンのためのアンダンテ ヘ長調 K.616


アンサンブル・テトラコード
【梁凌嘉(リャン・リンジャ)、アレナ・ヴィルスドルフ
 盧思默(ルー・シモー)、フランツィスカ・フェルマー】

録音:2017年3月20-23日、北京

「息吹が響きになる時」〜フルート四重奏曲集

価格:

2,100円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
携帯ページ

GENUIN【ドイツ輸入盤】

フルートだけの四重奏曲を集めているアルバム。「アンサンブル・テトラコード」は、2013年デュッセルドルフ・ロベルト・シューマン大学(音楽大学)の学生、中国人2人とドイツ人2人によって結成されたフルート四重奏団。4人とも1990年代前半生まれという若い奏者たちで、高い技量を備えた若い才能が、一致団結して音楽を作り上げる様はとても爽やかです。フリードリヒ・クーラウの「フルート四重奏曲 ホ短調 Op.103」は、フルート・アンサンブルでは人気の高い名曲。ウジェーヌ・ボザ(1905-1991)、アンソニー・ジラード(1959-)、マンフレート・トロヤーン(1949-)ら20世紀の作曲家の作品も素晴らしく、フルート好きにはたまらない内容です。

ページトップへ