カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ショスタコーヴィチ/24の前奏曲とフーガ Op.87(3CD)

タティアナ・ニコラーエワ(ピアノ)   録音:1987年(デジタル録音)

ショスタコーヴィチ/24の前奏曲とフーガ Op.87(3CD)

価格:

2,500円 (税込)

[ポイント還元 25ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
携帯ページ

ALTO【イギリス輸入盤】

ロシアのピアニスト、ニコラーエワ(1924-93)は1950年、第1回バッハ・コンクールで優勝して以来、国際的に名声を高め、特にバッハ演奏では他の追随を許しませんでした。バッハの録音はかなりの数があり、いずれも評判の高いディスクばかりです。しかし、彼女のレパートリーはウィーン古典派からラフマニノフ、ストラヴィンスキーまで幅広く、とりわけ親しかったショスタコーヴィチの作品解釈には定評がありました。彼女の演奏に大きなな感銘を受けたショスタコーヴィチは、この「24の前奏曲とフーガ」の初演を彼女に依頼しているほど。
彼女は「24の前奏曲とフーガ」を3回も録音しており、いずれも最高の評価を受けた名盤です。1962年の第1回の録音は現在廃盤となったままで、こちらは第2回のデジタル録音です。メロディア・レーベル音源のライセンス盤となっているので、価格はかなり安く抑えられているのもうれしいところです。もちろん、演奏はこれ以上ないほど素晴らしいもので、ニコラーエワならではの深みのある非常に音楽的なピアノはとても美しく、激しい部分や暗鬱な部分、そしてショスタコーヴィチらしいちょっとコミカルな部分などあらゆるニュアンスが見事に表現されていて感動的です。

ページトップへ