カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ドヴォルザーク/スラヴ舞曲集(全16曲)

アンタル・ドラティ(指揮)/バンベルク交響楽団   録音:1974年

ドヴォルザーク/スラヴ舞曲集(全16曲)

価格:

1,200円 (税込)

[ポイント還元 12ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
携帯ページ

ALTO【イギリス輸入盤】

ハンガリーの名指揮者アンタル・ドラティ(1906-1988)は、類い希なるオーケストラ・ビルダーとして世界中のオーケストラで活躍し、ダラス交響楽団、ミネアポリス交響楽団、ナショナル交響楽団、デトロイト交響楽団などを世界一流のオーケストラに育て上げたことで知られています。それらのオーケストラとを次々と録音を行い、フィルハーモニア・フンガリカとのハイドン交響曲全集やデトロイト交響楽団とのストラヴィンスキーやバルトーク作品などは歴史的名盤といわれています。さらにドラティは、コダーイやバルトークに師事した作曲家としての一面を持っていました。
ドラティはドヴォルザークの「スラブ舞曲集」がよほど好きだったらしく、少なくとも生涯に3回全曲を録音しています。1958年のミネアポリス交響楽団との録音や、晩年の1983年のロイヤル・フィルとの録音もそれぞれ優れた演奏ですが、このアルバムは1974年にドイツのバンベルク交響楽団とのVOXレーベルへの録音です。強靱な響きと活力あるリズムはさすがドラティ!しなやかなフレージングでメロディをよく歌い、抒情的な美しさも抜群で、そのセンスの良さは脱帽ものです。バンベルク交響楽団は、もともとチェコやハンガリー系の音楽家がたくさん集まったオーケストラだっただけに、ローカルな素朴な響きをもっており、またお国ものともいえる「スラヴ舞曲」に対してこれほど生命力に溢れた演奏ができるのでしょう。裏名盤としてオススメです。

ページトップへ